ソープカービングに使う石鹸



ソープカービングは、市販の一般的な石鹸でできます。

ドラッグストアなどで山積みになってる石鹸でOKなのです

が、新しくて軟らかい石鹸でないとダメです。

  

<スポンサードリンク>



新しい石鹸を選ぶポイント


ソープカービングに使うのは市販の石鹸でいいのですが、

日本製の石鹸がおすすめです。

 

なぜかというと石鹸は重いので、たぶん船便で輸入している

と思うのですが、海外から輸入されるのには何カ月もかかって

しまいます。

そのため外国製の石鹸は乾燥してることが多いからです。

もちろん、日本製でも製造してから、売れるまでに長い期間

が経っている場合もあるので必ずしも軟らかいというわけ

ではないのですが。

また、直接飛行機で海外から持ってきた石鹸などはそれほど

時間が経ってないので大丈夫です。

以前、タイでよく使われるChangCheng石鹸をカービング

教室で彫りましたがとても軟らかでした。

タイの先生が日本へ来てくださって講習をしてくれたので、

石鹸も一緒に持ってきてくださったのだと思います。

<スポンサードリンク>



 カービング用石鹸ってあるの?


「カービング専用の石鹸」があるかどうかは、販売されている
石鹸を全部知っているわけではないのでわからないのですが、

”カービング向きの石鹸”という説明は見ることがあります。

もちろん自分で好みの大きさや色の手作り石鹸を作って彫る

こともできます。


ソープカービングに向いている石鹸


・色が付いている石鹸

 色が付いている石鹸の方が、模様が見えやすく彫りやすい

 です。(白・黄色は模様が見えづらく目が疲れる。)


・丸みがある形の石鹸

 ソープカービングの模様は、もともとスイカやメロンなどの

 フルーツの表面に彫るための模様が多いので、丸くカーブ

 していると彫りやすい模様が多いです。

 (S字模様やレース模様など)


・厚みがある石鹸

 厚みがあると、模様が何段も彫れますし、お花や動物

 などを切り出す場合も大きく作ることができます。

 2.5〜3cmくらいあるといいと思います。


・香りが強めの石鹸

 ソープカービング作品はお花のアレンジメントなどにして

 飾って楽しむ場合が多いので、香りが強い方がいいかも

 しれません。香りが弱くなってしまったら、エッセン

 シャル・オイルなどを垂らして、香りをつけることもでき

 ます。

  <スポンサード・リンク>